image image
研修医募集 当科は昭和23年に創設された歴史のある教室です。
また、充実した施設内容と、恵まれた症例数を誇ります。
経験豊富な医師が集まっているため偏りなく幅広い臨床を経験することが可能です。

続きを読む

多職種を迎えた チーム医療 医師・看護師・臨床心理士・薬剤師・精神保健福祉士・作業療法士など多職種を迎え、豊富な知識と経験でチーム医療を実践します。

続きを読む

 

入院形態についての説明

精神科への入院については、精神保健福祉法で規定されたいくつかの入院形態があります。当院では以下のいずれかの入院形態をとり、入院同意書にご署名いただきます。

 

A. 任意入院

患者さん自身の意思による入院です。

B.医療保護入院

精神保健指定医が、患者さんご自身の医療及び保護のために入院が必要と判断されるものの、ご本人による入院の意思を確認できない場合や同意が得られない場合に、家族等の同意により入院していただく入院です。

※ご家族の同意について

  • 医療保護入院の際には、ご家族などに入院の同意書にご署名・ご捺印いただきます。
  • 「家族等」とは、配偶者、親権者、扶養義務者、後見人または保佐人のうちどなたか一名
  • ご本人が未成年の場合は、原則として親権者であるご両親の同意が必要です。
  • 入院の際に、ご家族の身分が確認できるもの(保険証や免許証)をご提示ください。入院後にはご本人との続柄のわかる公的書類(住民票や戸籍謄本など)の提出をおねがいします。
  • 退院後の生活支援など、ご家族の協力が必要とされます。できるだけ多くの方の同意・協力が望まれます。

※退院の請求について

  • 医療保護入院の場合、退院の判断は当院の精神保健指定医が行います。
  • ご本人・家族等は、医療保護入院に納得できない場合には、都道府県知事に退院の請求を行うことができます。

※退院後生活環境相談員について

  • 医療保護入院の方には、退院後生活環境相談員が選任されます。
  • 退院後生活環境相談員は、精神保健福祉士(ソーシャルワーカー)が行い、退院に向けた相談や支援を行います。
  • 必要に応じ、地域援助事業者や各種サービスを紹介します。

※医療保護入院者退院支援委員会について

  • 医療保護入院をされた方で、入院時に設定された入院期間を超えて入院される場合は、医療保護入院者退院支援委員会が開催され、入院期間を更新すべきかどうか、入院中の退院に向けた支援等について検討します。
  • ご希望により、ご本人やご家族の出席も可能です。
  • 退院後に相談する地域支援事業者等の出席を依頼することもあります。
  • 退院支援委員会への出席を希望される場合は、退院後生活環境相談員にお申し出ください。
  • 退院支援委員会の検討結果は、委員会に出席されない場合にもご本人へ内容をお知らせいたします。

 

お問い合わせ

162-8666 東京都新宿区河田町8-1

交通アクセス

TEL:03-3353-8111(内線33205)
FAX:03-3351-8979(当科専用)
 
精神科予約専用電話
TEL:03-3353-8138
受付時間:月曜~金曜 9:00~16:00
     土曜    9:00~12:00
     (第三土曜日は休診です)