image image
研修医募集 当科は昭和23年に創設された歴史のある教室です。
また、充実した施設内容と、恵まれた症例数を誇ります。
経験豊富な医師が集まっているため偏りなく幅広い臨床を経験することが可能です。

続きを読む

多職種を迎えた チーム医療 医師・看護師・臨床心理士・薬剤師・精神保健福祉士・作業療法士など多職種を迎え、豊富な知識と経験でチーム医療を実践します。

続きを読む

 

ごあいさつ

東京女子医科大学病院神経精神科主任教授 石郷岡 純

docter2

神経精神科診療部長の石郷岡と申します。当科の沿革とわれわれの目指す精神医療についてご紹介いたします。

神経精神科の実質的な診療は1948年に開始され、1949年に初代診療部長である千谷七郎教授が着任されました。千谷教授はうつ病の病態生理の研究と臨床を推進され、当時のわが国の精神医療では統合失調症の診療が中心でしたので、当科はうつ病治療のメッカとして遠方から受診する患者さんも数多くいらっしゃいました。その後、1967年には現在の神経精神科病棟が完成し、大学病院としては最大規模の117床のベッドを持ち、活発な診療活動を展開しました。当科では今日まで診療を何よりも重視する伝統を引き継いできましたが、その源流はこの時代に形作られたといっていいでしょう。

1977年柴田収一教授が部長として就任されました。柴田教授は千谷教授の業績を引き継ぎ発展させ、とくに躁病急性期の病態変遷の研究を推進されました。1989年には田村敦子教授が部長となられ、東京都女性相談センターとの連携の中で、女性の精神医学的問題の解決に尽力されました。精神医療の中に社会医学的視点を取り入れ、精神医学が貢献する領域を大きく広げられました。1997年に部長に就任された田中朱美教授は東洋医学的な心身の見方を展開し、精神医療の可能性をさらに拡大しました。

2004年からは石郷岡が担当しております。精神医療は年々その姿を大きく変えてきています。病床数は2002年からすでに65床に減らしており、相対的に外来診療の比重が高まってきていることは全国的な傾向で、毎日200名以上の方が受診されています。当科の歴史の中で精神医療の対象を拡大してきた方向性をさらに推し進め、精神障害のみならず、身体疾患をお持ちの方々の抱える悩み、女性の抱える諸問題への支援なども幅広く行っています。医局員にはQOL(生活の質)にまで配慮した治療学を身につけてもらうようにしています。そのためには、科学的な研究成果の意義を吟味し取り入 れながら、健全なバランス感覚で医療を展開する必要があり、日々精進することを心がけています。また、当科ではすべての職種が真の意味で医療に参加することを求めており、全職種が協同して行う女子医大版心理教育の実践という形でそれを結実させています。

東京女子医科大学病院神経精神科は、これからも精神医療のエキスパートとして国民の健康・精神衛生の向上に貢献していく所存です。

お問い合わせ

162-8666 東京都新宿区河田町8-1

交通アクセス

TEL:03-3353-8111(内線33205)
FAX:03-3351-8979(当科専用)
 
精神科予約専用電話
TEL:03-3353-8138
受付時間:月曜~金曜 9:00~16:00
     土曜    9:00~12:00
     (第三土曜日は休診です)