access_icon inq

【原因不明の痛み?】
痛みは通常生体の防御機能であり、外傷(怪我)や、炎症があると痛みが生じます。これらは腫れている、赤くなっているなど、目に見える症状があり、比較的診断が容易です。一方で「歯ぐきが刺すように痛い」、「口をあけるとき顎が痛い」、「頬のあたりが痛い」、「舌がピリピリして痛い」など、簡単に診断がつけられない、治療法がわかりづらい痛みも存在します。神経の痛み(三叉神経痛、舌咽神経痛など)や心の状態が深く関係している心因性疼痛もそのひとつです。

【診断・治療】
疼痛治療には正確な診断が不可欠です。当科では口腔内の診査(虫歯、歯周病、口腔粘膜の異常など)や顎関節に異常がないか検査を行い、さらに神経内科や脳神経外科、ペインクリニック科、精神科、心療内科などと連携し診断を行うこともあります。症状に応じて理学療法や投薬治療を行います。痛みの治療には様々な薬が使用されており、歯科領域で使用が制限されているものは当院医科と連携して投薬を行っております。

【ドクター紹介】
外来医長:岡本俊宏 准教授
日本口腔外科学会指導医・専門医
日本顎関節学会指導医・専門医
アメリカ・ワシントン大学博士研究員
アメリカ・セントジュード小児研究病院博士研究員

深田健治 講師
日本口腔外科学会専門医
日本顎関節学会指導医・専門医

長縄拓哉 助教
日本口腔顔面痛学会暫定認定医
デンマーク・オーフス大学客員研究員
Certification of Diagnostic criteria for temporomandibular disorders (DC/TMD)
Certification of orofacial pain: insights into mechanisms and contemporary management
Certification of quantitative sensory testing (QST)