access_icon inq

近年、歯科矯正治療を受けられる方が増えてきています。これは、現代人の食べ物が軟食化にあることで咀嚼回数が減り、顎が小さくなり、歯と顎の大きさに不調和が生じることで、歯並びが悪い人が増えたことも一つの要因といわれています。一種の現代病ともいえるでしょう。

実際、歯並びが悪いとどのような弊害があるのでしょうか。「歯並び」というとつい前歯の歯並びだけを考えてしまいがちですが、歯並びが悪いということは「咬み合わせ」が悪いということなのです。上下の歯の咬み合わせが悪いと、むし歯や歯周病になりやすいといった口の中の症状だけでなく、顎関節症、胃腸障害、頭痛や肩こりなど、全身の不調を引き起こすともいわれています。

また、歯並びが悪いことに対するコンプレックスから、精神面にも影響を及ぼすこともあります。

では、歯並び、咬み合わせが悪い場所にはどのような治療をしたらよいでのでしょうか。一つには補綴治療といって、詰め物、被せ物や差し歯など人工材料を使って修復する方法、もう一つは歯に装置を装着し、ワイヤーに力を加えるて良い咬み合わせの位置へ歯を動かし、自分の歯で咬み合わせを再構築する矯正治療です。どちらも適応する症例としない症例があり、またメリット、デメリットがありますので、専門の歯科医師の相談を受けることが望ましいと思われます。

日本でも、八重歯がかわいいといわれたのはもう昔のこと。ますます国際化が進む社会では、美しい歯並び、良い咬み合わせは、重要な資質となるでしょう。

     
     
     
     
     

 

矯正治療の流れ

【初診・相談】
どこが気になるのかなどを聞き、口腔内の状態顔、口元などを見て、おおまかな治療法、期間、費用等について説明します。

ya

【精密検査
歯や顔、口元の写真や、歯や顎の骨のレントゲンなどを撮影、歯型の採取などを行い、矯正に必要な資料を集めます。

ya

【診断】
具体的な治療法(使用する装置、手術法、治療期間、費用など)について説明します。

ya

【装置除去・保定開始】
歯につけていた装置を外し、獲得された良い噛み合わせやきれいな歯並びが元に戻らないようにリテーナーという取り外し可能な保定装置を使います。数カ月毎の通院で約2年間。

ya

【保定終了】
約2年間の保定が終わったら、矯正治療は終了です。できればその後も、年1〜2回の定期検診を受けて、良くなった噛み合わせや歯並びを維持しましょう。

 

歯並びが悪いとどんなことになるでしょうか?
  1. 食べ物をかみ砕く機能が低下する。
  2. そのために、食物の消化吸収が低下し、健康を害する恐れがある。
  3. 歯磨きがしにくく虫歯になりやすい。
  4. 歯肉が炎症を起こしやすく、歯槽膿漏にもかかりやすくなる。
  5. 正しい発音が出来ない。
  6. 口元が醜く、人にいやな印象を与える。
  7. 劣等感が芽生え、精神面に悪い影響を与える。

 

このように歯並びが悪いことによって起こるいろいろな問題を、体の成長発育を上手に利用してながら顎や口の本来の働きを形態を取り戻すために、機械的、機能的な方法を応用して、そのひとの個性に最もよく調和した正しい姿に戻してあげようというのが歯科矯正学であり、矯正治療なのです。また近代医学がそうであるように、歯並びが悪くならないように予防することも、私たちのもう一つの大きな役目であり、むしろそれが本当の仕事なのです。

悪くなってしまったものを治すには、長い時間と多くの費用がかかります。いまわし癌や他の病気の場合と同じように、ここでも早期発見早期治療があくまでも根本的原則です。そのためには、定期的に検診を受け、お口に関心を持つことが大切です。